1. 総合トップ
  2. くらしの情報
  3. 生活情報
  4. 福祉
  5. 医療費助成について
  6. 福祉医療の窓口無料化が始まります

福祉医療の窓口無料化が始まります

~福祉医療の窓口無料化が始まります~ 

 琴平町では、平成28年8月診療分から「重度心身障害者等医療費助成制度」「ひとり親家庭等医療費助成制度」「子ども医療費助成制度」(就学児)(15歳到達後最初の3月31日までにある子ども)につきまして、香川県内での医療機関(一部接骨・鍼灸マッサージ院等は除く。)において、受診される場合は、自己負担分が原則として不要となります。

 なお、「後期高齢者医療制度」につきましては、従来どおり償還払いの取り扱いを継続してお願いいたします。

 

 福祉医療とは、「重度心身障害者等医療費助成制度」「ひとり親家庭等医療費助成制度」「子ども医療費助成制度(乳幼児・就学児)」の制度の名称になります。

   ※ これまでの「乳幼児医療費助成制度」は、現物給付方式の年齢拡大に伴い、「子ども医療費助成制度」に合わせて統一されました。

 

琴平町の福祉医療の優先順位

 出生・転入の日の日から6歳に達した日以後の最初の3月31日(就学前)までの乳幼児はすべて「子ども医療(乳幼児)」です。①

 ①の期間が終了した翌日(6歳に達した日以後の最初の4月1日)からの医療の優先順位は次のとおりです。

 ②重度心身障害者等医療 → ③ひとり親家庭等医療 → ④子ども医療(就学児)

  ※ 「④子ども医療(就学児)」を受給中に「重度心身障害者等医療」、「ひとり親家庭等医療」の資格を持った子どもは、そちらの資格が優先されま す。

  ※ 福祉医療の優先順位により、途中で資格が変更される場合があります。

 

他の公費負担医療費等との関係

 これまでの医療費助成(支給)制度との変更はありません。

 自立支援(育成)医療、養育医療、小児慢性特定疾患治療研究事業などの国の公費医療制度が適用される場合は、それらの公費医療が優先適用されます。

 災害共済給付(独立行政法人日本スポーツ振興センター)制度に加入している子どもが幼稚園・保育所・小中学校の管理下における負傷・疾病・障害等を負った場合は、同センターから災害共済給付が優先されます。

 これらの医療費については、医療費助成を受けることができませんのでご注意ください。

 

受給資格者証について

 受給資格者には、医療費受給資格者証が大変重要です。

 窓口受付の際には、健康被保険者証とともに、毎回必ず受給資格者証を提示してください。

 受給資格者証の提示がない場合は、窓口負担を支払う必要がありますので、ご注意ください。

 ただし、保険給付対象外の部分(検診・予防接種・薬の容器代・差額ベッド代・入院時食事療養費等)につきましては無料化の対象外ですので、これまでと同様に窓口で支払いしてください。

 

 受給資格者証の更新について

 重度心身障害者医療・ひとり親家庭等医療対象者の方については、毎年8月1日が更新日となります。所得要件を満たし、更新できる方には7月末までに新しい受給資格者証を送付いたしますので、有効期限の切れた受給資格者証は健康推進課まで返納してください。

 所得の申告がなかったり、転入等により本人及び扶養義務者の所得の確認ができない場合には、受給資格者証をお渡しできない可能性があります。

 ※ 転入の場合は、所得証明書の提出をお願いします。

  

保険証、住所が変わった場合

  加入保険が変更になると、請求先も異なりますので、所定の申請書により手続きをお願いします。

  (持参していただくもの)

  ●保険証(受給資格者の名前が載ったもの)

  ●印鑑

  ●受給資格者証

 また、受給資格者が、琴平町外へ転出した場合や受給資格がなくなった場合には、有効期限の有無に関わらず資格がなくなります。必ず受給資格者証を健康推進課まで返還してください。

 ※ 手続きをお忘れになると、医療費をお支払いしていただく場合があります。

  

福祉医療費支給申請書

  以下の場合はこれまでどおり償還払いとなります。改正前の償還払いの方法で、申請してください。

  ① 後期高齢者医療制度に加入されている場合

  ② 受給資格者証を提示されなかった場合

  ③ 県外の医療機関または一部接骨・鍼灸マッサージ院等を受診された場合

  申請期間(受診の翌月から5年)が過ぎた場合は、お支払いできませんのでご注意願います。(※平成23年8月から申請期限5年に拡大)

  

医療費の適正受診にご協力ください。

  福祉医療費助成制度は、町の負担分と県の補助金で運用されています。

  また、医療費が増加すれば、保険料や税金の負担が大きくなります。

  現物払いにより、使いやすくなりますが、これまでどおり無駄遣いをしないようにしましょう。

  ●かかりつけ医を持ちましょう。

  ●重複受診をやめましょう。

  ●診療時間内の受診を心がけましょう。

お問い合わせ

子ども・保健課 保健医療担当
TEL:0877-75-6705
FAX:
E-mail: