適用除外施設関係

【介護保険の適用除外施設について】

 琴平町に住所がある65歳以上の方と、40歳から64歳までの公的医療保険に加入している方は、琴平町の介護保険の被保険者となります。しかし、介護保険法施行法により、障害者支援施設等の介護保険適用除外施設に入所し、かつ一定の要件を満たす方については、当分の間、介護保険の被保険者とならないこととなっています。

1.介護保険の被保険者でなくなった場合は、
 ・介護保険料を納める必要がありません。
 (40歳以上65歳未満の方の場合は公的医療保険の介護分がなくなります。)
 ・介護保険の被保険者証が発行されません。
 ・介護保険のサービスを利用できません。
 (要介護・要支援認定を受けることができません。)

2.適用除外施設への入退所をするときは届出が必要です
 40歳以上の方については、適用除外施設の入退所の際に届出が必要となります。
 入退所される場合は、届出書にご記入の上、琴平町役場までご提出ください。

 ※なお、40歳から64歳までの医療保険加入者の方は、加入している各医療保険者(全国健康保険協会、健康保険組合、共済組合
  等)へ手続きが必要となりますので、各医療保険者にお問い合わせください。

3.適用除外施設向け入所・退所連絡票の提出について
 介護保険の被保険者(40歳から64歳までの公的医療保険の加入者及び65歳以上の方)が介護保険適用除外施設に入所・退所する場合は、被保険者資格の取得・喪失を伴います。
 このため、被保険者から市町村へ届出が必要になりますが、介護保険適用除外施設からも市町村へ、入所・退所する方についての入所・退所連絡票を提出いただきますようご協力をお願いします。

4.介護保険適用除外施設は以下のとおりです
 ・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下、「障害者総合支援法」)第29条第1項に規定する指定障
  害者支援施設(生活介護及び施設入所支援に限る)
 ・障害者総合支援法第5条第11項に規定する障害者支援施設(生活介護に限る)
 ・児童福祉法第42条第2号に規定する医療型障害児入所施設
 ・児童福祉法第6条の2の2第3項の厚生労働大臣が指定する医療機関
 ・独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法に規定する福祉施設
 ・国立及び国立以外のハンセン病療養所
 ・生活保護法第38条第1項第1号に規定する救護施設
 ・労働者災害補償保険法第29条第1項第2号に規定する労働者災害特別介護施設
 ・障害者支援施設
 (備考)知的障害者福祉法第16条第1項第2号に係るものに限る
 ・指定障害者支援施設
 (備考)生活介護及び施設入所支援の支給決定を受けて入所している知的障害者及び精 神障害者に係るものに限る
 ・障害者総合支援法第29条第1項の指定障害福祉サービス事業者であって、同法施行規則第2条の3に規定する施設(療養介護に
  限る)

お問い合わせ

住民福祉課 高齢者福祉担当
TEL:0877-75-6706
FAX:
E-mail: