1. 総合トップ
  2. くらしの情報
  3. 熱中症に気をつけましょう!

熱中症に気をつけましょう!

熱中症の発生は7~8月がピークになります。

熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

 

熱中症は・・・

 暑い環境にいることで、体内の水分や塩分のバランスがくずれ、

 体温の調整ができなくなることで起こります。

 

熱中症を疑う症状とは・・・

 ●めまい・失神

 ●筋肉痛・筋肉の硬直

 ●大量の発汗

 ●頭痛・気分の不快・吐き気・おう吐・倦怠感・虚脱感

 ●意識障害・けいれん・手足の運動障害

 ●高体温

 

熱中症を予防するには・・・

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

①暑さを避ける

 天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控えましょう

 ●屋外では・・・ 

   日陰を選んで歩きましょう

   日傘をさしましょう

   帽子をかぶりましょう

 ●屋内では・・・

   扇風機やエアコンを使いましょう

   ブラインドや朝の打ち水をしましょう

②こまめに水分や塩分を補給する

 ●のどが渇く前、暑い所へ出る前に水分補給をしましょう

③服装に注意する

 ●通気性の良い、吸湿・速乾の衣服を着用しましょう

 

「いつもと違う」と思ったら、早めに病院を受診しましょう

 

≪参考≫

環境省熱中症予防情報サイト

熱中症予防リーフレット

お問い合わせ

福祉保険課
TEL:0877-75-6705/6723
FAX:0877-75-6724
E-mail: