障害福祉サービス

(1)障害福祉サービス制度の利用の仕組み
自立支援障害福祉サービス制度の利用の仕組み
       ※現在は障害程度区分が障害支援区分に改正されています。
 
(2)対象となるサービス
障害程度が一定以上の人に対し、生活上または療養上必要な介護を、または身体的、社会的なリハビリ、就労につながる支援を行います。
在宅で訪問を受けたり、通所して利用するサービスと、施設に入所して利用するサービスがあります。特に入所施設でのサービスは、24時間を通じた施設生活から、地域と交わり自立を支援する生活へ転換するため、「日中活動」と「居住支援」に分けられます。
障害福祉サービスの種類(身障、知的、精神、児童)
  訪問系サービス
(在宅および通所)
日中活動
(入所施設等での昼間)
居住支援
(入所施設等での夜間)
介護給付 ホームヘルプ
(居宅介護、重度訪問、同行援護)
ショートステイ
デイサービス
療養介護
生活介護
施設入所支援
訓練等給付   自立訓練
就労移行支援
就労継続支援
(A型・B型)
共同生活援助
(グループホーム)
(3)サービス利用の流れ
  1. サービス利用に関する相談・情報提供
    福祉保険課窓口
    障害者生活支援センター ふらっと (身体・知的・児童) 64-0705
    地域生活支援センター はなぞの(精神) 21-5712
  2. 支給申請
    福祉保険課窓口
    申請に必要なもの
    ・支給申請書
    ・利用者負担額の算定のため必要な事項に関する書類 など
    障害者本人が申請に行くことが困難な場合は、代理人や代行者に申請を依頼することが出来ます。
  3. 調査
    申請をすると、障害程度区分認定調査員が対象者の状況を調査します。(訪問)
  4. 支給決定及び受給者証の交付
    支給決定では、調査の結果をもとに、障害程度区分認定審査会で審査、判定が行われ、どのくらいサービスが必要な状態か決められます。
    支給量が決定したら、受給者証が送られます。
  5. 事業者との契約
    利用者は、事業者と契約しサービスを受けることになります。
  6. サービス利用
    利用者は、受給者証と利用者負担額管理表(負担額がある人のみ)を提示してサービスを利用します。
  7. 利用者負担の支払
    サービスを受けた後に、事業者から利用者負担額の請求を受け、その内容を確認した上で行います。支払いが済むと、事業者が発行した領収書を受け取ります。

お問い合わせ

福祉保険課
TEL:0877-75-6705/6723
FAX:0877-75-6724
E-mail: