呑象楼

  • 観る
呑象楼

 呑象楼は、天保年間の建築です。もとは旧高松街道の榎井六条にある興泉寺が建てたもので、嘉永年間に勤王家『日柳燕石』が12年間を住居として使用した建物です。日柳燕石亡き後(1868)呑象楼は建物はそのままに置かれていました。
 保存保護の立場から、燕石の遺徳に心うたれた有志の方々により、昭和29年(1954)4月、現在の場所に移築されました。移築したときに、集会所として使用するために改築されたため、文化財としての価値がなくなり、現在も文化財の指定は受けておりません。昭和14年(1939)県史跡に指定されていましたが、今は解除されています。
 現在も、2階には、壁のどんでん返し、床の掛け軸の抜け穴、はしご段の仕掛けなどが残っており、いろいろな逃げ道はまさかの時の用意であったものと思われます。
 呑象楼は、初め【皆宣楼(かいぎろう)】や【双松閣(そうしょうかく)】などと言っていましたが、2階西側の窓から象頭山を盃に浮かべて飲み干したことから、「呑む」・「象」・「楼(高い建物などのこと)」と呼ばれるようになったそうです。
※象頭山とは、金刀比羅宮が鎮座する山です。山の形が象の頭に似ていることから象頭山と呼ばれています。

呑象楼
〒766-0004 香川県仲多度郡琴平町榎井85-1

交通案内 ◎JR琴平駅から徒歩13分
       ◎コトデン榎井駅から徒歩8分
       ◎高松空港からタクシーで40分

見学料  大人  200円
       中高生 100円
       小学生  50円
      (団体・障害者割引有)

縦覧時間 9時~17時 無休(12月29日~1月3日は除く)

お問い合わせ 琴平町教育委員会
          電話 0877-75-6716

施設詳細
住所 〒766-0004
琴平町榎井58-3(榎井小学校内)
駐車場
マップ