大久保諶之丞銅像

  • 観る
大久保諶之丞銅像

大久保諶之丞は明治時代に私財を投じて四国新道(現在の県道や国道)を開発したり、多度津~琴平間に県内で初めての鉄道を開通したり、瀬戸大橋の構想を提唱したりしました。銅像がある県立琴平公園は、春は桜、初夏はツツジやアジサイ、秋はハギ等の花で四季を通じて楽しむことができ、遊歩動が整備されています。頂上からの景色は讃岐平野を一望し、遠く瀬戸大橋も展望できる地で自らの成果を見守っているようです。

大久保諶之丞銅像
トイレあり
施設詳細
駐車場 有(9台)
動画