掃海殉職者顕彰碑

  • 観る
航路啓開隊 掃海(機雷の処理)殉職者顕彰碑

第二次世界大戦終戦時、瀬戸内海及び日本近海には6万余個に及ぶ各種機雷により主要港湾、水路が塞がれていたため、旧海軍関係者は率先して航路啓開(開設)作業に従事し、我が国の産業経済復興に大きく貢献しました。
 この間、航路啓開隊は自らの危険を顧みず掃海作業に挺身(率先して身を投げ出し、困難な物事にあたること。)し、不幸にも殉職した七十九名の偉業を讃え後世に伝えるため、瀬戸内海国立公園観光事業促進協議会及び香川県知事や三十二港湾都市の市長らが発起人等となり、昭和二十七年六月に海にゆかりの金刀比羅宮境内に当時の吉田首相の揮毫(毛筆で文書を書くこと)により「掃海殉職者顕彰碑」が建立され、以来毎年五月に海上自衛隊による追悼式が執り行われています。

説明1 説明2 顕彰碑
施設詳細
マップ