ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 介護保険(専用ページ) > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等の臨時的な取扱いの終了について

本文

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等の臨時的な取扱いの終了について

記事ID:0004539 更新日:2020年6月25日更新
印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等の臨時的な取り扱いの終了について

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から行っていた、要介護認定等の12ヶ月延長に係る取り扱いを終了いたしましたので、お知らせします。

令和2年8月31日以降に要介護(要支援)認定の有効期間の終了を迎える方については、従来通り要介護認定調査を行った上で、要介護(要支援)状態区分を決定します。

認定有効期間終了2か月前を目安に更新申請のご案内をお送りしますので、更新が必要となる方は、申請書類を住民福祉課までご提出ください。

【本取扱いは終了しました】新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(期間延長)

「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて」(令和2年2月18日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)等において、全ての被保険者(在宅・入院等を問わず)について、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から面会が困難な場合においては、要介護認定及び要支援認定の有効期間を、従来の期間に新たに12ヶ月までの範囲内で市町村が定める期間を合算できることとなりました。
琴平町では、臨時的な取扱いとして、以下のとおり取り扱います。

1.更新申請の場合

  同意書の提出により、現在の要介護(要支援)認定を有効期限の翌月から12ヶ月延長します。  後日、新しい被保険者証を郵送します。

   同意書 [Wordファイル/20KB]

   同意書 [PDFファイル/219KB]

 ※ 同意書は、更新申請書と一緒にご提出ください。

 ※ 5月1日以降更新申請の対象となる方については、更新申請書等の発送時に同意書を同封します。

2.新規申請・区分変更申請の場合

面会禁止となった施設や医療機関に入所・入院されている方の認定調査は、面会禁止等の措置が解けた後、認定調査を実施します。また、この場合の主治医意見書は、認定調査の日程に合わせて、町から医療機関に依頼します。

※この取扱いについては、厚生労働省の事務連絡を受けて、保険者である琴平町が判断しています。今後の社会情勢や、また厚生労働省から別途通知等があった場合は変更となることもあります。

認定調査におけるご家族等の立会いについて

認定調査にご家族等の立会いのご希望について、下記のとおり取り扱います。

1.施設等に入所等している方の認定調査の場合


入所(院)施設において面会禁止や面会時間の短縮の措置が取られている場合には、当該施設等の取扱いに従い、立会いをご遠慮ください。ただし、必要に応じてお電話で聞き取りさせていただく場合があります。

2.在宅での認定調査の場合


認定調査では、普段のご本人の様子をよく知るご家族様からお話をお聞かせいただいております。不要不急の外出を控え感染拡大防止を徹底するため、同居しているご家族様のみ立会いをお願いいたします。ただし、同居のご家族でない方からも必要に応じてお電話で聞き取りさせていただく場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)