ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁舎 > 住民福祉課 > 住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます

本文

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます

記事ID:0001508 更新日:2019年12月17日更新
印刷ページ表示

マイナンバーカードに旧姓を併記すると、仕事などに旧姓を使用している方は旧姓で本人確認ができるなど、各種証明に使うことができます。

旧姓は一人に一つだけつけることができ、複数の旧姓がある方は過去の氏の中から一つ選んでいただくようになります。

旧氏とは?

 その人の過去の戸籍上の氏のことで、氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

旧氏を併記したい場合は

  1. 旧姓の記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍謄本等を用意する。(本籍地が琴平町の方でも取得していただきます。)
  2. マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカードを、お持ちでない方は通知カードと運転免許証などの本人確認書類を持参の上、住民福祉課へ申請する。

ご注意

 旧氏を併記する申請をすると、住民票では旧姓は氏名と併せて公証されるものですので、旧姓または氏の一方のみを表示することはできません。必ず現在の氏と旧姓の両方が表示されます。

添付ファイル

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)