ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁舎 > 住民福祉課 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

本文

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

記事ID:0007418 更新日:2022年8月3日更新
印刷ページ表示

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金事業の概要
○給付額
  給付の対象となる1世帯当たり10万円

○対象となる世帯                                                           (1)令和3年度住民税非課税世帯
 令和3年12月10日(基準日)に、琴平町に住民登録があり、同一の世帯に属する方全員が令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。

(2)令和4年度住民税非課税世帯 (追加) 
 令和3年12月10日時点で日本国内に住民登録があり、令和4年6月1日時点において琴平町に住民登録があり、同一の世帯に属する方全員が令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯。                                                                             

(3)家計急変世帯
 (1)、(2)に該当しない世帯のうち、申請日時点で琴平町に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降家計が急変し、同一の世帯に属する方全員が令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯と同様の事情にあると認められる世帯。

住民税均等割が課税されない収入・所得水準の目安
扶養している親族の状況 非課税相当限度額
家族構成例 収入額ベース  所得額ベース
単身または扶養親族がいない場合 93.0万円 38.0万円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合 137.8万円  82.8万円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 168.0万円 110.8万円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 209.7万円 138.8万円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 249.7万円 166.8万円
障がい者、未成年者、寡婦またはひとり親の場合 204.4万円未満 135.0万円

※ただし、いずれも以下に該当する世帯を除きます。                                                          ●世帯員の全員が、住民税均等割が課税されている者に扶養されている世帯                                ●令和4年度住民税非課税世帯に対する給付について、既に本給付金の支給を受けた世帯(令和3年度住民税非課税世帯に対する給付の対象であって未申請の世帯または支給を辞退した世帯を含む。)と同一の世帯及び当該世帯の世帯主であった者を含む世帯

○給付手続・申請期限
(1)令和3年度住民税非課税世帯 < 申請期限:令和4年9月30日(消印有効) >
 対象と思われる世帯の世帯主宛てに、「確認書」を発送しています。内容を確認いただき、給付対象となる場合は、必要事項を記入し、返送してください。                                                                

(2)令和4年度住民税非課税世帯 < 申請期限:令和4年10月31日(消印有効) >
 令和4年6月1日時点で、受給資格を確認できた世帯の世帯主宛てに、「確認書」を発送しています。内容を確認いただき、給付対象となる場合は、必要事項を記入し、返送してください。                                                                                                                 

(3)家計急変世帯 < 申請期限:令和4年9月30日(消印有効) >                                                                      
 給付金の支給には申請が必要です。申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、郵送等により提出していただきます。申請書及び申立書は、下記からダウンロードできます。


 様式第3号 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書) [PDFファイル/122KB]
別紙 簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変世帯】 [PDFファイル/244KB]
 委任状 [PDFファイル/125KB]
※代理人が請求する場合のみ

注意事項
DV等を理由に琴平町に避難している方
・DV等を理由に、他の市区町村から住民票を移さずに琴平町にお住まいの方は、琴平町で給付を受けられる場合があります。
・住所地の世帯が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件(DV避難中であることの証明、収入要件)を満たせば、現在のお住まいの市区町村(琴平町)から受給することができます。
・給付金を受給するためには、琴平町での手続きが必要です。
・配偶者の扶養に入っている場合でも、DV等避難者は独立した生計を立てている者とみなし、ご自身の収入が住民税非課税世帯相当である場合には受給できます。
・「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)」及び「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に係る配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している旨の申出書」は下記からダウンロードできます。
・申請書等は、郵送または相談窓口へご提出ください。

DV等避難中であることを明らかにできる書類の例
・配偶者に対する保護命令決定書の謄本と確定証明書等
・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書
・住民基本台帳事務における支援措置(閲覧制限等)の決定通知書
 
 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書) [PDFファイル/117KB]

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に係る配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している旨の申出書 [PDFファイル/104KB]
 DV等被害申出受理確認書 [PDFファイル/234KB](PDF:305KB)
※上記のDV避難中であることを明らかにできる書類が提出できない場合のみ

○特殊詐欺について
給付金を装った詐欺にご注意ください。
「住民税非課税世帯等への臨時特別給付金」に関する“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください。琴平町からATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話や郵便があった場合には、すぐに琴平町の窓口または最寄りの警察にご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)