ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > こんぴら子育て応援サイト > ひとり親家庭等医療費助成制度

本文

ひとり親家庭等医療費助成制度

記事ID:0001108 更新日:2019年12月17日更新
印刷ページ表示

(1)助成対象者

ひとり親家庭等で18歳に達する年度末までの児童を扶養している配偶者のいない者及びその子で、各種健康保険に加入している方
注1 本人及び扶養義務者に一定以上の所得のある方は除きます。
注2 就学前の子は、ひとり親家庭等の要件を満たしていても子ども医療(就学前の乳幼児)医療費の助成対象になります。

(2)受給資格の認定に必要なもの

  • 印鑑
  • 振込希望の通帳
  • 親及び子の健康保険証
  • 転入の場合は前住所地で発行する所得課税証明書
  • ひとり親であることが確認できるもの(児童扶養手当の証書、戸籍謄本など)

(3)助成方法

香川県内の医療機関を受診された場合、受給資格者証と被保険者証を提示すれば窓口での支払いは不要(保険診療分のみ・入院時食事療養費負担額は除く)です。 県外の医療機関を受診された場合または県内での医療機関に受給資格者証を提示せず受診し医療費を支払った場合は、医療機関等で町の指定する医療費支給申請書に証明をもらい(県外での受診の際には領収書添付でも可能)、子ども・保健課に提出すれば後日、指定預金口座に振り込まれます。

(4)注意事項

第三者から医療費が支払われる場合や、(独)日本スポーツ振興センター法に基づく災害共済給付を受けられる場合は対象外です。

婚姻等により、ひとり親家庭等の要件がなくなった場合は直ちに届出をしてください。

添付ファイル

医療費支給申請書[PDFファイル/103KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)